PA/WPA-View©のリアルタイム解析/自動判定機能のご提案

ソリューション 1
量産現場の全数検査

製造品の出荷検査・品質保証に
  • 透明材料で作られた製造品(射出成型品や透明フィルムなど)の位相差分布を瞬時に測定、異常を素早く検出。
  • 成形品の異常な内部応力の発生(クラックや変形の発生原因のひとつ)や光学機能性フィルムの一様性を評価することができます。
  • さらに、オプションの自動OK/NG判定と外部制御機能を使うことで製造・品質保証システムとの連携が可能です。


特長
  • 計測時間を実質ほぼ 0秒(1) に短縮。現場でのスピーディな検査を実現します。
  • 計測のための 手動操作は必要なし、サンプルが視野に入ったら即座に結果が出力されます。
  • 任意場所カーソル値
  • グラフヒストグラムリアルタイム(2)表示が可能です。

                                (1) 実際は 100ms 程度
                                (2) 標準機能「ライン解析」「エリア解析」のリアルタイム化

 基本プラン
リアルタイムで定量的な位相差表示とグラフ表示
位相差分布と軸方位を定量的かつリアルタイムに表示。
ユーザ指定の線に沿ったデータのライングラフのリアルタイム更新
ユーザ指定のエリア内のデータのヒストグラムのリアルタイム更新
ユーザ指定のカーソル位置における位相差と軸方位のリアルタイム表示
 追加オプション 1
閾値設定 色分けで OK/NG を表示
基本プランでは作業者が数値を見てその妥当性を判断する必要があるのに対して、 事前に決めておいた閾値に
合わせてOK/NG自動判定、色で表示します。
 追加オプション 2
OK/NG の判定結果を外部システムへ通信
お客様の既存の品質システムとの連携などを目的に、OK/NG判定の結果を外部のアプリケーションへ通信する組みをご提供します。自動搬送システム品質データベースとの連携が可能になります。
連携可能なシステム例:
自動搬送システム
バーコードリーダー
引っ張り試験機 など

ソリューション 2
変動する現象の定量的観察

研究開発用途
複屈折の変化をリアルタイム定量的に観察
応力を加えながらなど、位相差等の変化を動的に捉えます。
軸方位で応力の方向や分子配向を捉え、位相差の絶対値で応力の大きさや配向性の度合が分かります。
透明材料の基礎研究や、透明樹脂で作られた成形品などの解析に大いに役立ちます。
 カスタム性
お客様のニーズに合わせてさらなるカスタム仕様を検討致します
お客様の現場のニーズに合ったカスタム仕様を承ります。対応の可否は内容次第でお客様と相談の上決めさせて頂きます。
例)自動判定のログ出力追加
 製品構成
装置本体(PA/WPAシリーズ)
リアルタイム解析
 (リアルタイムカーソル、ライングラフ、ヒストグラム)
リアルタイム判定(オプション1: OK/NG判定)
外部制御(オプション2: 外部システムとの連携)
 関連情報
PA/WPAシリーズの装置はこちら
企業情報はこちら
 該当製品
PA-110-S, PA-110(-L),PA-200(-L), WPA-100-S, WPA-100(-L), WPA-200(-L)
 問い合わせ先
moc.ecittal-cinotohp@ofni
  株式会社フォトニックラティス
  仙台市青葉区南吉成6丁目6-3 ICRビル2F
  TEL:022-342-8781/FAX:022-342-8782

または
最寄りの代理店

にお問い合わせ下さい。

 設計者の意図とこだわり

ひたすら「簡単操作」に着目しました。量産現場でとにかく簡単に使える検査機を目指しました。簡単操作ながらPA/WPAシリーズの本来持っている機能をそのまま完備しています。複屈折を画像として眺めるのではなく定量評価で数値化が可能というのがモチーフです。 量産現場以外にも研究開発などで面白い評価もたくさんできると思いますのでぜひご活用頂ければ幸いです。 なお、当社製品は「継続的改善」という方針を取っており、機能の改善や機能追加を継続的に行っております。お客様のフィードバックやカスタム仕様のご希望をお待ちしています。
機器設計部 F.氏